退職代行サービス比較【早分かり版】

各社、弁護士の退職代行サービスを比較!口コミランキングなどから退職代行についてまとめた早わかり版です。退職代行とは?料金は?失敗するケースと成功するポイントは?おすすめの退職代行業者の評判は?トラブルはあるの?etc初めての退職代行の方にお役に立てれば幸いです。退職代行比較ランキング852

退職代行とは、「自分に代わって会社に退職の意思『辞めたい』『辞めます』を連絡する」有料サービスの事です。

退職代行サービスをしているところは大きく分けて2種類、実績が多く評価も高い退職代行(専門)会社と、弁護士法人・事務所があります。

当ページでは「退職代行とは?」から始めて、初めて利用する方への注意点とポイント、おすすめの退職代行会社などを簡単にまとめています。

退職代行比較ランキング、退職代行の体験談イラスト400

それと、退職代行について、社員待遇の転職回数6回、退職回数6回(バイト、パート含めればもっと)で今は個人で細々と仕事をしている50代の当方が思うところを「独自の判断」として、それも含めて書かせていただいております。

男性のイラストで良いのが見つからず、女性のイラストばかりで恐縮ですが、男性女性関係なし、会社を辞めたいのでしたら、先ずは何より徹底的に休む事、それが何より、一番ですよ。

退職代行比較ランキング、退職代行サービス比較イラスト

 

実績と経験!おすすめの退職代行専門会社はこちらから

退職代行とは?

退職代行サービスについて先ず知っておきたい事、言葉などを箇条書きで挙げてみました。

  • 料金:退職代行は相場約3万円から5万円くらいの有料のサービスです。
  • サービス:「本人に代わって退職の意思を伝える」事がサービスの内容です。
  • 退職できる:ほとんどの方が、会社に行かず、上司など会社の人と顔を合わすことなく、会社からの電話もなく退職できています。

退職代行サービスに依頼するとは?

当サイトでは「退職代行に依頼する」その意味や何に対してお金を払うのか?にういては以下のように考えております。

会社に行って、辛い気持ちになったり、疲れ果ててしまうような無駄な事に時間を使わない為に、退職代行を利用します。又退職に関するわすらわしい事のほとんどをやってもら為に、退職代行を利用します。「次に何をしようか?」「将来どうしたいだろうかな?」と大事なを考えて行動する時間、や、とにかくカラダやココロを休める時間を早く手に入れる為に退職代行に依頼します。

退職代行比較イラスト400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行にお金を払って、「もっと楽しくて有意義な時間を買う」、というイメージで良いのでは?と思います。

ホントに退職が言えないケースが多い

しかし実際はパワハラや超過勤務休みなし、低給与etcで全く話にならない会社ってあります。

そしてそういうところの上司や社長、人事総務担当者ってまともに話してくれない、はぐらかす!みたいな方が多いのも事実ですね。

退職代行とは1。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

ですので、自分から退職なんてとても言い出せないので、お金を払ってでも退職代行に依頼するケースは多いんですよ。

退職代行に依頼するのは悪い事?

当方のように少しだけ長く人生を過ごしてきた人の中には、「退職するぐらい自分で直接言った方が良いよ。」とか「退職代行なんて大人のする事じゃないよ、さあ勇気を出して・・・」とか言う人もいます。

激励の為に言ってくれている場合もあるでしょうが、当方の経験でハッキリ言える事は、今まで退職を経験してきたオッチャンの多くは、もしその時退職代行サービスがあったら利用していたでしょう、って事です。

当方は6回の退職のうち、1回はパワハラ&半分チンピラの上司がいてどうしても退職が言い出せなかったんです。

ところが会社の業績が悪くなって早期退職者を募り出して(体裁のよいリストラの事です)、早期退職の声がかかった熟年社員に混じって、声がかかってない30代でただ一人、私が手を上げて退職できたんです、ラッキーです。

そんなラッキーな事がなかったら、退職を言い出すのはしんどかった、会社を続けるのもしんどかったですよ。

だから当時「早期退職者募集」がなくて、退職代行サービスがあれば、当然に利用していたでしょね。

つまり「退職代行が必要なら当たり前に利用すれば良い!(ただしメリット、デメリットは理解した上で)」、って思いますよ。

退職代行サービス比較イラスト

 

 

どんな状況の人が退職代行に依頼するの?

面倒で煩わしい退職に関してかかる手間や時間を別の有意義な時間、人生とって大切な時間に充てるために、料金を支払って退職代行サービスに依頼します。

と書きましたが、とにかく退職できないから!と退職代行の会社(退職代行業者)に依頼した人のその時の状況をネット上の口コミから、以下、ピックアップしてみました。

退職代行とは2。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

  • 毎日仕事を家に持ち帰るようなハードワーク、そして上からの圧力が強く、とても自分から退職を言い出せる状況ではなかった
  • 仕事の量の多さに悩んで退職代行サービスの無料相談をしたところ、ブラック企業で働いている事を確信し、依頼した
  • 辞めたい気持ちはあるけど、言い出すことができずにモヤモヤを続けていたところ、ある晩突然退職に対する意思が込み上げてきて退職代行サービスに相談して、依頼した
  • 時間外労働の多さや仕事の責任の重さに耐えられなくなり、退職を決意したが、務めてから日が浅いので、退職を言い出しにくかった
  • 深刻な長時間労働、時間は良くて深夜1時過ぎ、ときには帰れない日もあったのですが、新入社員なので2年耐えていたが、身体を壊したことをきっかけに、退職代行に依頼して退職した
  • 退職の相談を上司にしていましたが、他の社員の前で怒鳴られることもあって、とても自分から言い出せなかった

思いあたることがある方、同じような思いの方も多いのではないか?と思います。

どんな方が退職代行を使うのか?まとめ

「ココロもカラダもとても出社できるような状態ではない方」
「退職に関して精神的にも肉体的にも労力や時間をかけたくない方」
「長時間労働、低給与、パワハラ、セクハラ、とにかくモラルが低くて話にならない、普通に退職が言い出せない会社にお勤めの方」
「ココロもカラダも先ずは何もせず、休める状況をすぐに作りたい方」

 

退職代行サービス比較イラスト

 

退職代行のメリット・デメリット

退職代行を利用するメリットデメリットについてまとめてみました。

退職代行のメリット

  • 退職に必要な時間をかけなくて済む、次の事を考えて行動する時間を得る事ができる
  • 退職の精神的ストレスから解放されて、リラックスしてゆとりのある時間を得る事ができる
  • 会社の人間に会う、直接やりとりしなくて退職する事ができる
  • すぐに、又短期間で退職する事ができる

退職代行のデメリット

  • 自分で退職を連絡して進めるのと比較して、費用がかかる
  • 自分で退職を連絡して進めないので「決意して将来を考える」機会を失いがちになる
  • 簡単に退職できるので、退職癖が付く人もいる
  • 退職を煽ったり、業界最安値!などを強調したりするような「どうなの?」っていう業者を選別する必要がある

「費用」の事は「何に対してお金を払うのか?」と自分自身が納得していればそれで良いのでは?と思います。

残りの項目については以下の「退職代行業者の比較ポイント」を押さえていれば、かなり解決するのでは?と思います。

退職代行サービス比較イラスト

 

 

退職代行サービス利用の流れ

どこの退職代行サービスも大体以下のような流れになっています。

もし余裕があるなら、退職の電話を代行してもらうその日までに、会社に返却するものは会社に置いて帰ってくると良いですね。

こちらから返送する手間が省けます。

お問合せフォームから無料相談をする

退職代行青矢印

相談(無料)、サービス内容の説明(どこまで代行してくれるのか?利用の流れ、etc)と費用の案内

退職代行青矢印

申し込みを決定
*当然この時点で、サービス内容、費用、対応の仕方などから判断して断る事も出来ます

退職代行青矢印

費用の支払い:振込、クレジットカードが使えるところあり

退職代行青矢印

担当者と、退職理由、電話を会社にかける日時、会社に伝えてほしいことなどの打ち合わせ

退職代行青矢印

代行会社が会社に電話して退職の意思、体調不良などで出社できないetcを「連絡」
有休消化希望、会社にある私物や源泉徴収票、離職票など郵送してもらいたいものも同時に「連絡」

退職代行青矢印

退職代行担当者から会社より退職の承認を得た、と報告がある

退職代行比較

「退職届」「健康保険証や制服などの会社貸与品」などを会社に郵送する

退職代行比較

円満退社

 

退職代行業者の比較ポイント

初めて退職代行に依頼する方の立場に立って、真摯に対応してくれるかどうか?の退職代行業者を選ぶ比較ポイントをまとめてみました。

  • 弁護士が顧問として在籍している業者、又は弁護士がメンバーにいる業者かどうか?
  • 相談は無料かどうか?
  • 利用者件数、マスメディアでの取り上げられる頻度、実際に利用した人の口コミ評価などの信頼性
  • 24時間365日対応に近い、営業時間の制限がない業者かどうか?
  • 退職完了まで電話・メールにて回数無制限で対応するかどうか?
  • 追加費用が発生しないところかどうか?
  • 銀行振込だけではなくクレジットカードでも対応しているか?
  • 業界最安値!など価格訴求を行っていないところ
  • 有休消化は伝えるが100%保証はできない、非弁行為「交渉」はできない、などと誠実に冷静にアナウンスしているところ

退職代行比較イラスト

おすすめの退職代行業者は?

退職代行サービスを専門的に行っていて、このサービスが始まった2、3年前から始めていて今も継続して実績を積んでいて、退職者希望者目線、退職代行利用者目線で対応しいて、弁護士が顧問にいて弁護士法違反にならないように内部管理をしている会社、退職代行専門会社をおすすめします。

例えば、未払い残業代を支払わない、有休消化を認めない等が予想される明らかに違法だと思う会社や、訴えてやる!と思われている方、退職届も代行して書いてもらいたい方などは弁護士法人・事務所に相談した方が良いです。

ほとんどの会社は、希望を「連絡」するだけで常識として有給休暇は認めますし、残業代は支払います(常識的な法律をおかしてまで、話を大きくすることの方がデメリットが大きいからです)が、万が一これらに対応しない場合は、本人以外では、弁護士でないと代行して会社と「交渉」「違法性を指摘」はできない(「非弁行為」という法律違反になります)からです。

一方、「交渉」は追加費用になりますし、又すんなり退職できていたのに、弁護士が連絡する事によって、相手方も警戒して顧問弁護士が出てきたりして話が余計にややこしくなったりする場合も考えられるのも弁護士に依頼するデメリットです。

退職代行専門会社は「一日でも早く出社せずに退職する」を一番の目的とした退職代行の実務専門家で実績もありトラブルも経験してそれを今に生かしていますが、弁護士は労務など法律の専門家ですが、退職代行の実務の専門家ではありません。

当サイトでは弁護士に依頼した方が良い(明らかに「違法」と思える会社を訴える、会社と「交渉」する場合など)ケースを除いて退職代行専門会社をおすすめしています。

間違っても「先着限定1万円で退職代行!」とか物販みたいに安売りや価格を特に強調して訴求している業者、弁護士が顧問としての存在が確認できない退職代行業者は絶対NGです、依頼しない方が良いですよ。

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年7月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

退職代行EXIT

退職代行イクジット

退職代行EXIT(イグジット)は2017年5月より他社と比較して一番多くのメディアに取り上げられており、その知名度と信頼度が一番の特徴です。

即日も含めて、退職までの期間も短くて、その対応も口コミ評価は高く、特に、一刻でも早く退職したい方には、先ず相談(無料)したら良いところとしておすすめです。

成功実績

累計2500人以上の退職代行、メディア掲載実績No,1(公式サイトより)、退職成功率100%なので返金保証サービスはなし

サービス概要

24時間、休日深夜でも可能な限り対応。退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応。クレジットカード支払いも可能。

料金

正社員5万円、アルバイトパート3万円*退職完了まで追加費用はなし

イクジット詳細&相談はこちらから

とにかく「二度と出社せずに退職を連絡してくれて早く退職する事が一番の希望」であれば、退職経験者目線で対応してくれて、それでいて法律違反にならないように弁護士が顧問にいるイクジットが良いのでは?と思います。

他社と比較して料金は高めですが、以下のような事を訴求(宣伝)していないのが他社にないイクジットの大きな特徴です。

  • 「業界最安値、低価格料金」
  • 「弁護士がする退職代行」
  • 「退職できなければ全額返金(退職できない、なんてあり得ません)」

長年の「退職代行」実務経験と実績が感じられ、逆に信頼度があり評価しています。

「有休休暇の取得は離職票の送付などの依頼は会社に連絡しますが、必ずやってくれるという保証はありません」と公式サイトに明記している点も、逆に正直で好印象です(よっぽどの特別な事情がない限りほとんどの会社は対応してくれるようです)。

テレビ、雑誌とここまで有名になりますと、不誠実な対応の口コミがあれば即アウト!になりますので、今も利用者の口コミが絶えないところからして、信頼がおける、ということになるでしょう。

イクジットに退職代行の相談(無料)をする場合は、先ずお問合せフォームから行い、その後ラインや電話でしっかり、納得するまで相談してみましょう。

イクジット詳細&相談はこちらから

退職代行Jobs

退職代行jobs退職代行比較

実績の記載は見当たりません(退職代行サービスを始めたのは最近では?)が、顧問弁護士が全面に出ている退職代行会社です。

ですが、業務は弁護士資格を持たない退職の「連絡」の代行で、法律違反にならないような内部管理は信用がおけますね。

個人的には「期間限定価格」「全額返金保証」は他社同様残念、に思います。

成功実績

(特徴)顧問弁護士が公式サイトに明記

サービス概要

24時間対応、相談&電話回数無制限、クレジットカード支払い可能

料金

税込29,800円(期間限定価格)、全額返金保証、追加費用なし

汐留パートナーズ

汐留パートナーズ退職代行。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行におけるトラブルが予想される場合に、弁護士法人に依頼する方が良いです。

料金が高く、又着手金以外の成功報酬などいくらかかるか?分からないデメリットはあります。

それでも弁護士以外では対応できないケースもありますので、そういう事が予想されるのでしたら、退職代行業務も行う弁護士法人、汐留パートナーズがおすすめです。

成功実績

退職できなかったケースは1度もなし

サービス概要

弁護士法人の行う退職代行サービス

料金

着手金54,000円(税込)、オプション費:※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料、成功報酬:経済的利益の20%、その他郵送料などの実費

退職代行SARABA

退職代行SARABA比較

こちらは価格的に安い事と一見不利な事も正直に書いている点が特徴です。

「SARABAより弁護士に相談した方が良い」ケースを正直に具体的に明記されている点は良いです。

ただ「全額返金保証」というのが、「安心」の意味なのでしょうが、逆に「売りこみ」っぽく見えて個人的には少し残念な感じがします。

成功実績

退職成功率ほぼ100%(本人が退職より休業を選んだケースがある)

サービス概要

24時間対応、相談&電話回数無制限、クレジットカード支払い可能

料金

税込29,800円、全額返金保証、追加費用なし

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ比較

実績と価格で選ぶならニコイチ、他退職代行紹介サイトでも上位常連の会社です。

営業時間が短いのが少しマイナスポイント。

又「退職させた方」「業界最安値」などの表現や、「全額返金保証」とかも個人的には正直気になるところではあります。

成功実績

退職させた方4575人、退職代行実績14年、退職成功率100%(2019年5月)

サービス概要

営業時間7:00から22:00、2か月間のアフターフォロー付き、クレジットカード支払い可能

料金

安心のポッキリ価格!業界最安値税込28,000円、全額返金保証、追加料金一切なし。

退職代行サービス利用の注意点は?

  • 退職代行は基本的に「代行して退職の意思を伝えて出社せずに退職できる」サービスで給料、退職金、有休などを伝えてはくれますが、もし会社が納得せず交渉しなければならないケースが出てきた場合、交渉は弁護士でないとできない、(非弁行為という法律違反になる)という点を理解しておく
  • 間違いがないように必ずネット(スマホ)から申し込んでから、電話やラインで質問し、丁寧さ、真摯(まじめ)さを確認する
  • どこまで代行してくれるのか?を必ず確認をする
  • どんな流れで代行しているのか?を必ず確認する
  • ネットからのお問合せの後の電話やスマホでの対応で分からない事でも真面目に丁寧に対応してくれて頼れそうか?という点を必ず確認する
  • 納得するまでお金は振り込まない
  • 未払い残業代や休日出勤手当など賃金に関する事などを会社の「違法」を訴えて請求したい人は退職代行専門会社ではなく弁護士に相談しましょう

 

 

退職代行に依頼する前にやっておきたい事

会社を訴える訴えないに関わらず、ただやめたいだけ、であっても、今後第三者に相談するケースが出てくるかもしれないので、例え手書きのメモでも「証拠、記録」は残しておいた方が良いですよ。

この事は労基署や労働局に相談すると必ず言われる注意点です。

最後の「会社に置いて帰ってくる」は後々郵送する手間などを減らす事です。

  • 社長、上司、会社関係者の言動や行動は録音しておいたり、最低でもメモ、日記などで証拠を残すようにする
  • 給与明細、会社規則、就業規則やタイムカード、勤務表など写メやコピーで持っておいた方が良いです
  • 退職代行するまでに会社に返却するものは会社においておけば後で返却しなくて良い

 

 

退職代行業者の分類は?

退職代行業者には大きく分けて以下の3種類と考えれば分かりやすいのでは?と思います。

  • 弁護士法人や弁護士事務所が退職代行サービスも行う
  • 弁護士資格を持たないで退職代行を行う退職代行業者
  • 弁護士資格を持たないが、弁護士がメンバー又は顧問として在籍する退職代行専門会社

どこが良いの?という事になりますと先ず「弁護士がメンバーや顧問にもいない業者」これはNGでしょう。

退職は一個人として当たり前に保証されている固有の権利ですが、退職に関わる事でトラブルがゼロではありません。

その意味で法律的な立場でサポートしてくれる弁護士のような人がいるのといないのとでは大きく違ってきます。

弁護士事務所に依頼するメリットデメリット

未払い残業代があって、その請求など普通に退職するケースではない場合や、とても稀なケースですが会社から損害賠償などの訴えを起こされる可能性が高い、と考える場合は弁護士事務所に退職代行を依頼した方が良いでしょう。

その場合本来の「退職代行」以外の発生業務は別料金になり、追加費用がかかります。

さて、未払い残業代の請求は「労働基準監督署(労基)」で行う手続きですし、又、実際には退職で「損害賠償」を起こすメリットは会社側にほとんどない、と言われています。

弁護士法人に依頼するデメリットは、シンプルに退職できるのに、弁護士だと会社側も逆に構えてしまい、話が大きくなってしまうこともあり、依頼者にとって無駄な労力や時間が発生するケースもある、という事です。

それと個人的な感想ですが弁護士(医者などハイステイタスの国家資格者)の多くの方は、実際現場で働いたことがない、「ひどい職場、会社」の現場を知らないので相談者のリアル気持ちを推し量ることができないことから、満足度が低くなる場合もある、というのが最大の弱点だ、と思っています。

もっと言いますと弁護士に必ず依頼しなければならないケースはありますが、デメリットもあるのにそれは書かずに「退職代行は弁護士だから安心」と言っている弁護士事務所は「業界最安値」だけを訴求している退職代行業者と変わらないのでは?と個人的には思っています。

その道の専門家ではあるが、人間の営みに関して「専門性」だけでは解決しない事もある、という考えを個人的には持っています。

本来「退職」はとても簡単でシンプルな手続きなので、弁護士など法律の専門家ではなくて、退職代行の実績が多く長年の実務経験がある(顧問やメンバーには弁護士が在籍して法律順守の内部管理がある)退職代行専門会社が、スムーズに早く退職まで進み、有休消化、離職票の郵送なども問題なくされるよう(稀なケースですが、これら会社と交渉する必要が出てきた場合は弁護士ではないのでできません、それがデメリットです)です。

関連記事:退職代行が弁護士法違反だからといって!

 

 

退職代行とは?まとめ

退職代行とは、出社せずに退職を連絡し、退職に関する希望を連絡して、最短で退職まで導いてくれる退職代行専門会社などが行う3万から5万くらいの有料のサービスです。

一方、会社に明らかな違法性がある、会社を訴えるなど会社と「交渉」が発生しそれを希望している場合は、退職代行以外の業務も法律的に代行可能な弁護士に、追加費用を支払う事を念頭において、依頼してください。

お金、料金はゆっくり休む、療養する時間、次の事、これからの晴れやかにしたい人生を考える時間を早く得る(「時間」を買う)為にも支払うもの、と言って良いでしょう。

料金の安さだけではなく、丁寧で確実に対応してくれて長く口コミ評価が高いところ、弁護士が顧問として在籍しているところを選んで退職代行を依頼する事は何にも悪い事ではありません、当方も20代、30代のひどい会社勤めの時でしたら頼んでいたと思います。

「精神科に通うようになって、会社に行かずに辞める事ができた」なんて口コミを見ますと、退職代行サービスはなくてはならないサービスだと思います。

ですのでオレオレ詐欺のような人の弱みにつけこむ悪徳業者が出てこないよう、又そんな業者を見極めて利用してもらえれば、と強く願っております。