退職代行を使いたくない方へ。

退職代行を使いたくない方への記事はここからです。


退職代行はサービスを提供する会社や弁護士法人にお金を払って、出社せずに退職へ導いてもらえるサービスです。

料金相場の金額は約3万から5万くらい、退職に関して会社と交渉しなければならないうようなケース(弁護士に依頼します)ではその業務内容によってもっとかかる場合もあります。

人ぞれぞれの考え方ですが、出社しての退職時の面倒な事を依頼できて、円満に辞めれるのでしたら5万円ぐらい出しても良い、と思う人もいます。

又「お金払ってまで・・・でも言えないよ、会社にも出たくない・・・」って方も多いのでは?と思っています。

当方は何回も退職した経験のある、50代。20代、30代当時に退職代行サービスがあれば使っていたかもしれませんね。

そんな退職で悩んだこともある当方にとっては、「退職代行」に関して「現役の退職希望者目線」ではない話しをネット上で見かけたりすると心が痛むんですね。

「お金払ってまで・・・でも言えないよ、会社にも出たくない・・・」という方に参考になれれば幸いです。

退職代行の意味が分からない、というエラい大人

世の中には知識人とか文化人とか、って方は結構いまして、こういう方は、自分の得意分野や経験の中だけに話し持ってきて、「自分の言っている事が正しい」という風に見せたりします。

そのような方は今も昔も結構多くいらっしゃるので、全く気にしなくて良い、と思います。

理由は単純、現実実際に起こっている事を知らなければ、これまで辛い会社での勤務を経験した事もないから、です。

「お金払ってまで・・・でも言えないよ、会社にも出たくない・・・」人がお考えになる事は無責任に自慢したい現場知らずの大人の話しなどではありません。

お考えになる事は「ストレスのある嫌な事は早く終わらせて、前向きな思いを持って次のスタートを切る事」です。

退職代行に対抗する方法、を会社に教える人

退職代行を使ってやめられると困る企業に対して、その対策をアドバイスしてコンサル料や顧問料をとる社会保険労務士弁護士がいます。

・・・士、っていう国家資格の方の中には、自分が法律に触れるような悪い事をしているつもりがない(例えば退職代行に依頼する、とか)のに、悪い事をした、って言ってくるので厄介です。

こんな事も20代、30代になって当方は知りました、見方なら心強いですが、弁護士など法律の専門家は敵にまわすと、こんな厄介な方々はいない、と思っています。

でもこれも心配する必要はありません。

社会保険労務士や弁護士が出てくるケースは、横領した、とか、会社の器物を損壊した等々よっぽど退職するこちら側に過ちがあるケースです。

「辞める、と言ったら2週間で自動的にやめることになる」と民法にありますので、よっぽどの事がない限り法律の専門家が出てくる余地がないのです。

「お金払ってまで・・・でも言えないよ、会社にも出たくない・・・」にとって大事な事は一つ。

退職代行に金額を支払って依頼する場合は、これまの経緯事情をしっかり全部話してトラブルもなく会社に行かずに円満に退職できるかどうか?を必ず無料相談で確認する事です。

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

当サイトでは利用者が多い、利用者の体験談が多い、と当方が判断した退職代行サービスを挙げています。

退職代行サービスの会社を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較&おすすめはこちら

 

 
退職代行を使いたくない方へ、の記事はここまでです。