汐留パートナーズの退職代行評判、口コミ、弁護士だから!?

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士事務所でいくつかの弁護士業務の中の一つとして退職代行業務も行っています。

退職代行を弁護士に依頼する場合とは?

汐留パートナーズは弁護士です。

弁護士に依頼した方が良い、と言いますより、必ず弁護士に依頼しなければならないケースがあります。

それは先ず直感的に分かりやすいように、下記のようにまとめました。

  1. 会社が明らかに違法である場合
  2. 退職に関して明らかに会社との見解と違ってくる可能性がある場合(損害賠償など)

これらの場合、明らかに予想される場合は最初から弁護士に依頼した方が良いです。

会社と見解が異なる時にこちらの考え方を代行して伝えてもらう、つまり「交渉」してもらう場合は弁護士しかできません。

弁護士以外がこの業務を行うと非弁行為、という法律違反になるんですね。

ですので、こういう場合は、法律事務所の中でも汐留パートナーズのような労務関係の弁護士業務の実績のあるところに依頼した方が良いでしょう。

料金は高くなりますし、どれぐらいかかるのか?分からない部がありますが、弁護士、に依頼しないといけません。

弁護士じゃない退職代行会社が全部アウト!?

弁護士ではない退職代行の会社は「退職する」旨の「連絡」を代行しているので、アウト!ではありませんし、多くの方が出社せずに退職しています。

「退職の気持ちを伝えて退職する」のは自体が個人の当然の権利で、常識的に「退職する」と表明してしまったので、るのに執拗以上に引き留めるメリットもありませので通常は「連絡」だけで事は済みます。

ですので、上記のような「通常ではなさそう」と不安な方は汐留パートナーズ法律事務所に依頼した方が良いです。

弁護士が顧問に存在する退職代行会社を選ぶ!

それでも弁護士が顧問として、法律違反にならないように社内の内部管理を手伝っている退職代行会社に相談しましょう。

又弁護士ではなくても、行政書士など町の法律専門家などが在籍する退職代行会社に方が安心感があります。

弁護士とそれ以外の退職代行の比較

弁護士退職代行会社
メリット
  • 退職時に会社とモメても対応できる
  • 退職願を書く事も未払い賃金残業代、有休消化交渉も代行してもらえる
  • 料金は「退職の連絡」を代行するので追加費用はない
  • 退職者目線での対応が期待できる
デメリット
  • 料金は高め、代行業務が増えるごとに料金がかかる
  • 法律の専門家としての相談回答が親身に感じられない場合もある
  • 退職の連絡で会社とモメた場合に対応できない場合がある
  • 退職願、未払い賃金残業代、有休消化交渉は代行できなし
先程書いた、弁護士に依頼した方が良いケースは、料金その他のデメリットがあっても必ず弁護士に依頼しましょう。

弁護士ではなく退職代行会社に依頼する方は?

「会社には不満もあるが、とにかく会社に出社しなくて退職したい!」
「未払い給与も有休消化も会社はたぶんNoとは言わないだろう」
「もし仮にNoといったら、悔しいけど、もういい、とにかく会社を辞めたい」・・・

逆に、上記のような方は、退職代行会社に相談してみましょう。

「会社が明らかに違法、常識がなさそう」「必ず会社とモメる」という事でなければ、普通に当たり前に退職できますし、ほとんどの場合有休も消化でき、未払い給与ももらえます。

当サイトでご紹介している退職代行会社に先ずは相談して、事情を話してみましょう(無料です)。

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼しましょう
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでしたら退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

退職代行イラスト760ではなく400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

汐留パートナーズ

退職代行を弁護士に依頼する方、料金の事よりもその方が安心!という方には、労働関連の法律事務代行で実績のある汐留パートナーズをご紹介しています。

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年7月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

汐留パートナーズ

汐留パートナーズ退職代行。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行におけるトラブルが予想される場合に、弁護士法人に依頼する方が良いです。

料金が高く、又着手金以外の成功報酬などいくらかかるか?分からないデメリットはあります。

それでも弁護士以外では対応できないケースもありますので、そういう事が予想されるのでしたら、退職代行業務も行う弁護士法人、汐留パートナーズがおすすめです。

成功実績

退職できなかったケースは1度もなし

サービス概要

弁護士法人の行う退職代行サービス

料金

着手金54,000円(税込)、オプション費:※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料、成功報酬:経済的利益の20%、その他郵送料などの実費

 

退職代行会社を比較したい方へ

汐留パートナーズだけではなく、弁護士事務所以外の退職代行比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら