退職代行の料金がとても安い!その理由は!?

会社に辞める、と言えない言い出しにくい、相談できるような職場ではない・・・・
辞める、と言っても「考えとくよ」とか取り合ってくれない・・・
辞める、と言ったら「人手不足なのに何考えてんだ!」って怒られた・・・
退職届を出しても「預かっておくよ」といって放置されている・・・
もう出社できる状態ではない、だから退職を伝えられない・・・

このようないろいろな理不尽なケースもあって、退職の連絡を代行して、出社せずに、退職へ導いてくれえる退職代行サービスを利用する人が増えています。

だからといって、料金が安い!という理由だけで退職代行業者を選んで依頼するのはNGです。

退職代行料金の相場は?

約3万から5万円くらいです。

長年退職代行サービスを専門でやってきた(退職代行専門会社)数社をみています、正社員の場合大体これくらいの料金になっています。

ちょっと高く感じますね、新入社員や第二新卒の方ではかなりの出費になり、依頼するのを躊躇されるのでは?とお思います。

ですので相場より格安の退職代行業者が出てきました。

相場よりとても安い!その理由は?

最近始めた退職代行業者は、とにかく「売り」が必要なので料金を安く、それを前面に出してPRします。

これはどこの業界でもどんな商売でも当たり前にやる事です。

ですので、逆に言うと「実績が少なく、トラブルを回避する経験も少ない」可能性があります。

安いのはメリット、だけれども、こういうデメリットがある、と考えられるから、NG、とさせていただきました。

退職代行料金ランキング比較512。退職代行料金400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行サービスの料金はどう決まるの?

必ず退職するまでのいろんなケースで、確実に退職まで導く、その手間で決まります。

サービス業の価格設定などどこもそうやって決まるのですが、それが料金を支払う側には伝わりませんので「高く」感じます。

もちろん、当方もこれが相場で良い、とは思っていませんし、コストダウンの努力はどんどんすべきです。

しかし、だからといってその為にサービスの質が下がるとしたら、これは全くNGです。

そして何より、約3万から5万なんて相場は、いくつも退職代行の実績を踏まないと料金設定できない筈なんです。

それを「今なら9,880円」って・・・どういう事なの?という、これはあくまで個人的な疑問です。

退職代行は弁護士に必ず依頼した方が良いの?

退職する権利は個人の当然の権利です、本人が直接会社にその意思を表明したら、普通に辞める事ができます。

法律で決まっていますので、辞めさせない、引き留めが度を越している・・・などは違法の疑いさえあります。

でも本人に代わって代行して会社と「交渉」するには弁護士しかできません。

弁護士以外の人が「交渉」の代行をすると弁護士法違反非弁行為」と言われています。

ですので、弁護士ではない「退職代行専門会社」は退職の「交渉」ではなく「連絡」の代行をする事になります。

そして弁護士法違反にならないように、顧問として弁護士を置いて、内部管理をしおり、長年退職代行で実績を積んでいるのが「退職代行専門会社」です。

そして、ほとんどの場合退職の「連絡」を代行するだけで、出社せずに、退職が進んで退職する、となっています。

「必ずできる、という保証はできません」と退職代行専門会社の公式サイトには書いていますが、「連絡」だけで、退職はもちろん、有休消化、離職票など退職後必要な書類の自宅への送付なども問題なく行われているようです。

弁護士に依頼した方が良いケース

会社を訴えたい方、又明らかに違法な会社で、有給休暇の消化、未払い賃金残業代や退職金の支払いなどもやってくれそうにない、とそれは困る!という方は最初から弁護士法人・事務所に代行を依頼した方が良いです。

代行する業務が増えれば増える程追加料金が発生する、事も承知しておいた方が良いですね。

弁護士法人に依頼するデメリット

  • 代行する業務が増えて行くので、追加料金がかかり、どうしても総費用は高くなる
  • 法律の専門家なので、法律に関しては得意だが、実際に退職で悩む人目線での「相談」は苦手な弁護士もおり、そういう意味では「退職代行の専門家」とはいえない
  • 弁護士から連絡する事で、会社も警戒して構えて顧問弁護士が出てきたり、すんなり退職できるところが、話がややこしくなる可能性もあります
  • もし話しがややこしく、長引いたりするとそれだけ追加料金が発生する事にもなります

 

個人的には「退職代行は弁護士に依頼すれば安心」と強調している弁護士法人や事務所は、「料金が安い!」を特に強調している業者と同じで、メリットだけでデメリットを提示していないので、ちょっと不安に思っています。

 

退職代行料金400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

 

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

 

おすすめの退職代行サービス専門会社は?

実績を一番の比較ポイント、そして料金、個人的に「誠実さ」を感じるか感じないか?も含めて、現時点で3つ、退職代行専門会社を選んでみました。

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年6月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

退職代行EXIT

退職代行イクジット

退職代行EXIT(イグジット)は2017年5月より他社と比較して一番多くのメディアに取り上げられており、その知名度と信頼度が一番の特徴です。

即日も含めて、退職までの期間も短くて、その対応も口コミ評価は高く、特に、一刻でも早く退職したい方には、先ず相談(無料)したら良いところとしておすすめです。

成功実績

累計2500人以上の退職代行、メディア掲載実績No,1(公式サイトより)、退職成功率100%なので返金保証サービスはなし

サービス概要

24時間、休日深夜でも可能な限り対応。退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応。クレジットカード支払いも可能。

料金

正社員5万円、アルバイトパート3万円*退職完了まで追加費用はなし

イクジット詳細&相談はこちらから

とにかく「二度と出社せずに退職を連絡してくれて早く退職する事が一番の希望」であれば、退職経験者目線で対応してくれて、それでいて法律違反にならないように弁護士が顧問にいるイクジットが良いのでは?と思います。

他社と比較して料金は高めですが、以下のような事を訴求(宣伝)していないのが他社にないイクジットの大きな特徴です。

  • 「業界最安値、低価格料金」
  • 「弁護士がする退職代行」
  • 「退職できなければ全額返金(退職できない、なんてあり得ません)」

長年の「退職代行」実務経験と実績が感じられ、逆に信頼度があり評価しています。

「有休休暇の取得は離職票の送付などの依頼は会社に連絡しますが、必ずやってくれるという保証はありません」と公式サイトに明記している点も、逆に正直で好印象です(よっぽどの特別な事情がない限りほとんどの会社は対応してくれるようです)。

テレビ、雑誌とここまで有名になりますと、不誠実な対応の口コミがあれば即アウト!になりますので、今も利用者の口コミが絶えないところからして、信頼がおける、ということになるでしょう。

イクジットに退職代行の相談(無料)をする場合は、先ずお問合せフォームから行い、その後ラインや電話でしっかり、納得するまで相談してみましょう。

イクジット詳細&相談はこちらから

退職代行SARABA

退職代行SARABA比較

こちらは価格的に安い事と一見不利な事も正直に書いている点が特徴です。

「SARABAより弁護士に相談した方が良い」ケースを正直に具体的に明記されている点は良いです。

ただ「全額返金保証」というのが、「安心」の意味なのでしょうが、逆に「売りこみ」っぽく見えて個人的には少し残念な感じがします。

成功実績

退職成功率ほぼ100%(本人が退職より休業を選んだケースがある)

サービス概要

24時間対応、相談&電話回数無制限、クレジットカード支払い可能

料金

税込29,800円、全額返金保証、追加費用なし

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ比較

実績と価格で選ぶならニコイチ、他退職代行紹介サイトでも上位常連の会社です。

営業時間が短いのが少しマイナスポイント。

又「退職させた方」「業界最安値」などの表現や、「全額返金保証」とかも個人的には正直気になるところではあります。

成功実績

退職させた方4575人、退職代行実績14年、退職成功率100%(2019年5月)

サービス概要

営業時間7:00から22:00、2か月間のアフターフォロー付き、クレジットカード支払い可能

料金

安心のポッキリ価格!業界最安値税込28,000円、全額返金保証、追加料金一切なし。

退職代行を料金だけで選ぶはNG、まとめ

安い料金設定、それ自体がNGではなくて、それ以外の重要なポイントである「どれくらいの実績があるの?」「どんなケースを経験し、どんなトラブルも回避してきたの?」の十分な説明がないのに「業過最安値!」「退職できなければ全額返金保証」「今なら1万円以下!先着順」・・・ってのはないでしょう?という事なんです。

テキトーではありますが50年超えて生きてきて、いろんな会社やビジネスを見聞きしましたが、安い!というメリットがあれば何かデメリットが間違いなくあります。

その両面をハッキリ明示して「どうですか?それでもこちらが良いのじゃないですか?」とやって、判断できればNGではないです。

メリットだけ!なんてあり得ません、それはもう常識、と思います。

今時メリットだけ!を言っているのは、選挙前の政治家や代議士、顧客から見放され経営難に陥り国際競争力が無くなる企業の経営者、オレオレ特殊詐欺野郎、ITやAIのメリットや良さげな事ばっかり言っているIT経営者etc・・・つまり非常識な方ばっかり、後だしジャンケンばっかり、「説明不足でした、すいません(すいません、では済まない事多いですよ)」ばっかり、です。

いつまでも顧客に支持される通販サイトや「真」の営業マンは、デメリットをしかも顧客タイプ別にしっかり説明しています、これも常識です。

当方はこちらで取り上げた3社で退職代行を独占する事を望んでいる訳ではありません。

サービスが低下せずに、料金は下がっていくべきですし、そこをやらないと、この3社も客から見放され、おそらく長続きはしないでしょう。

同時に、安い!だけでアピールする会社は「どうなの?」と思っています。

退職代行サービスは、AIでは絶対不可能な、「真の人助け」になる有料サービスだ、と思っており、質を落とさず続けて、且つ、コストダウンもして欲しい、と思っています。

 

引継ぎ書を書いて悪口を言われた話

当方の過去のサラリーマン経験の事を思い出して書いています。

30代になったばかり、平社員で、化学メーカー一部上場企業の医療事業部の営業マン、病院まわり、代理店まわりをやっていた事の話しです。

Hさんは僕より2年先輩で当方の隣の部署、I主任と2人でその部署で働いていて、I主任と上手くいかず、いわゆる人間関係で、退職しました。

苦手な上司と2人だけの部署、ってその上司がよっぽどできる人、又は、その上の上司ができる人じゃないと、最悪になります、典型的なケースです。

ココロをすり減らしてなんとか退職願いを出しました、理由は対決姿勢になるホントの事は言えません、それが常道、「健康上の理由で実家に戻る」です。

でもHさんは責任感があって真面目に仕事熱心で、しこは最悪なI主任でも、そこは大人でできる人、I主任が少しでもやりやすいように丁寧に丁寧に引き継ぎ書を書いたんですね。

それでHさんが退職して暫くしてI主任が当方にボヤいた事、以下、驚きでした。

「こんなたくさんの引き継ぎ書なんて読む気がしねえよ、全くエラい迷惑なんだよなぁ。」

この事を当方が今でも「活かしている」事は以下の通リです。

  • 引継ぎ書は簡単に、相手先の担当者の名前と連絡先(名刺)とすぐやる必要があった事だけで良い
  • 丁寧に書いても相手に「これ、俺に全部やれ!って事かい」「なんでお前のやり方通りやらなきゃいけないだよ!」って思われる事もあるから
  • でも、そう言いながらも本気で辞めた人を非難している訳ではない
  • サラリーマンは年数重ねるたびに「俺がどんなに大変な仕事をこなしてるか?」を自慢したくなる事が多くなり、その流れで「引き継ぎ書」使って自慢している

だから、退職会社に言えない理由、出社せずに退職するのを躊躇している理由が、

「残った人に悪いから、引き継ぎをしっかりしないといけないから。」

だったら、全然気にしなくて良いから、と当方は言います。

会社の同僚や上司って仕事以外の事、仕事に関係のない事でどれだけ共感できるものがあるか?で関係を続けようと、当方は30代になる頃、そう思いました。

ですので、会社の人と飲みに行く場合、仕事の話しになるような仲間を敬遠するようになり、一緒に飲みに行かなくなりましたよ。

だから、「仕事でお世話になったから」だけなら、気にせず退職しましょう。

「いや、それ以外でもいろいろココロの支えになってくれた・・・」と思う方がいらっしゃるなら、退職代行使って出社せずに退職して、その後、個人的にその正直な想いを伝えればよいですよ。

きっと、分かってくれますから。