退職代行Q&A【早わかり版】の記事です。

退職代行を利用して会社を辞めたい!とお考えの方へ。

依頼する前に知っておいた方が良い事など、退職代行サービスについて「Q&A方式」でまとめてみました。

退職代行とは?

退職代行って何ですか?
退職代行サービスは、自分に代わって退職の連絡やその後の退職手続きの連絡をしてくれる有料のサービスで、退職代行をしてくれるところには大きく分けてEXIT、ジョブズ、SARABA、ニコイチなどの「退職代行専門会社」と汐留パートナーズなどの「弁護士事務所、弁護士法人」の2種類があります。
退職代行にはどれくらいの費用がかかりますか?
「退職代行専門会社」の場合、各社約3万から5万円ぐらいで、追加料金が発生するケースは少ないです。「弁護士」の場合、依頼する内容によって追加料金が発生しますので「退職代行専門会社」より高くなるケースが多いようです。

退職、退職手続きって面倒!?

「退職代行専門会社」と「弁護士」ってどちらに依頼するのが良いの?

と、その前に退職が初めての方に、退職に関する一般的な事を書いてみました。

退職するって悪い事なの?
退職、会社を辞めるのは「会社が引き留める」「会社の人に迷惑をかける」などのどんな事情があっても、個人の当然の権利ですので、全然悪い事ではありません。
退職に関する法律ってどういうのがあるの?
会社の「就業規則」などで他に取り決めがあっても、基本的に、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)」・・・つまり「退職します」と2週間前に言う事で、2週間経過すれば自動的に「退職」になります。
退職するのに2週間は会社に行かないといけない、って事ですね?
必ずしもそうではなく、その2週間は有休休暇があればそれで使ったり、病気欠勤で2週間を過ごしたり・・・と会社に行かないで退職した方はたくさんおられます。
そういう会社とのやりとりが面倒、自分ではできそうもない・・・
本来自分で会社と連絡をとってする事ですが、これらの事を代行して会社に行かずに退職できるサービスが「退職代行」です。

退職代行は全部丸投げできるのか?

退職代行に依頼すと全部お任せ、丸投げできる、って事ですか?
弁護士に依頼する場合は何もかも全部丸投げすることができます。その代わり費用が業務ごとにかかりますので高くなる可能性があります。弁護士が顧問にいる退職代行専門会社に依頼すると弁護士にしかできない業務は任せられません(受けてくれないです)。その代わり一定の料金で代行業務を行ってくれます。
弁護士にしかできない業務って何ですか?
退職の意思を会社に「連絡」して会社が「NO」と言った場合、本人の代わりに「交渉」できるのは弁護士だけ、と法律で決められているんです。会社が「NO」というなんて違法なんですけど、それは本人が「違法です」と言わないかぎり当たり前に違法にはならず、本人以外では弁護士だけが「違法です」と言える訳ですね。
だから弁護士に依頼すると高くなるんですね。
その通りです。「交渉」という業務は別料金になる可能性が高いですし、この先の展開によってはその都度業務が発生する可能性もあります。

退職代行会社と弁護士、どちらが良いの?

でも料金が定額だからといって、退職代行会社だと「交渉」のケースになると何もできないので、結局辞められないのでしょう・・・
弁護士ではない退職代行会社の担当者があなたの代理人として「交渉」する事はできません。ですのであなたのケースが退職の「連絡」だけですんなり退職できるかどうか?退職代行会社に無料相談をしてみましょう。その時、会社が明らかに違法、と判断されたら「弁護士さんに相談した方が良い」と言ってくれるでしょう。でも退職代行では弁護士に依頼するまでもなく、多くが「連絡」だけで出社せずに退職できているんですよ。
他に弁護士さんに依頼した方が良い退職のケースとは?
「有休休暇を絶対に消化して退職したい」「未払い賃金や未払い残業代は必ずもらって退職したい」とか「連絡」だけで当たり前に可能な事なのですが、稀に会社がNOという場合があります。明らかに違法ですが、本人以外では弁護士しか「違法です」とは言えないんです。このような稀なケース(会社は文句は言っても法律まで犯すのは稀な会社です)が予想される場合は弁護士に依頼した方が良いです。
ほとんどの会社が退職の連絡にNOとは言わない、その理由は?
ほとんどの会社は「2週間で辞められる」という民法を知っていますので、そこに真剣に反論しても無駄だからです。「損害賠償で訴えられる」というケースもあるようですが、これも、時間とお金をかけて賠償が取れても「どれだけメリットがあるの?」と考えますので、これもレアケースと言って良いでしょう。ですので、あなたが退職する状況がこのようなレアケースであるかどうか?今一度考えて、料金定額で退職代行会社に相談するか?弁護士にしか依頼できないか?を考えてみてください。その為に無料相談も使いましょう。

退職代行比較ランキングイラスト1-400。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行サービスの会社を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較ランキングイラスト2-400。。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行比較&おすすめはこちら

 

退職代行Q&A【早わかり版】の記事、ここまでです。


 

退職代行サービスを利用された方の体験談を集めて「その2」です。

退職代行サービス体験談【まとめ版】その1はこちら

前回に続いて、退職代行サービスを利用された方の体験談を2つほどピックアップしまして、初めて退職代行を利用する方に分かりやすくまとめてみました。

「面倒なやり取りを任す!」退職代行体験談-3

こちらを参考にさせていただきました。

退職代行依頼前は?

ウエブデザイナーで新卒で就職した20代男性、自分の経験が詰めるような職場には配属されなかったそうです。さらに部署の連携もうまく行っていないようで、次第に退職、転職を考えるようになった、との事です。

退職代行サービスを利用した理由は?

退職までの面倒なやり取りを退職代行(EXIT)にやってもらいたかったから、といのが最大の理由です。

「退職を言い出すことが出来ない」「退職を行っても取り合ってくれない」という理由が多い中、レアケースといえますね。

こちらの会社は辞めるまでに何度もいろいろな部署と面談があったり、挙句に辞めたいから辞めるのに「送別会」があったり・・・ってこれは大変です。

ですので「もう2度と出社しなくて良い」が魅力で退職代行に依頼した、という事です。

退職までの流れは?

以下、そのまま抜粋しました。

口コミ

週末の金曜日に連絡させていただいたと思うんですけど、翌週の月曜日に対応可能と言っていただけてそのスピード感に驚きました。

退職代行体験談―3まとめ

この体験談から分かる事は、退職をとても前向きにとらえている、という事ですね。

自分のやりたい、経験が詰める仕事をしたいから退職する、でもそのやりとりが面倒、時間の無駄、だから退職代行に依頼する・・・と何に対してお金を払うのか?を明確にしているのは、とても参考になるのでは?と思います。

退職代行料金400。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行比較&おすすめはこちら

「自分では言えなかった」退職代行体験談-4

こちらを参考にさせていただきました。

退職代行依頼前は?

これまで何度も退職を経験してきて、不動産会社に勤める30代女性の方、短時間アルバイトで入社したつもりが正社員のような扱いで仕事を振られる事に違和感を持っていました。

又会社の雰囲気も自分には合わない、と感じていたようです。

その合わない雰囲気の例が以下の通リ、当方もこれはよく分かります。

・・・毎日朝礼と体操をしたり、お昼はみんなで集合して一緒に食べたり、とにかく褒めあう文化だったり・・・

なぜ退職代行に依頼したのか?

今まで何回も退職してきたのに、なぜ、今回は退職代行(EXIT)にいらいしたのでしょうか?

それは以下のような理由です。

  • 入ったばかりで言い出せなかった
  • 今回は「合わない」という理由だけで明確な退職理由として話せる自信がなかった
  • 良い人たちばかりなのに、辞めたい・・・出社して退職を伝えるのが凄いストレス

EXITに依頼した理由

  • 退職代行は正直胡散臭い業界のように思っていて、そんな中EXITは利用者のインタビューが数多く掲載されていて信頼がおけた
  • 試しにLINEを送ってみたらすぐに返事が返ってきたから

実際退職までの流れは?

え、これでいいの?という感じでした。あまりにもあっさり退職できたそうです。

以前の職場では引き止めにあうこともあったらしいですが、今回はポンポンポンと手続きが進んで、すごく気持ちが楽になったとの事です。

退職代行体験談-4まとめ

先程の3同様に、有料の退職代行を利用して、前向きで楽な気持ちで生活できるための時間を得た、体験談だと思います。

会社を辞めたい気持ちに素直に向き合って、次の生活に向かって、ストレスなく、前向きに、夢中になて動き出すのが何より!だと思います。

この方のコメントで当方がその通り!と共感できるコメントをそのまま引用しました。

・・・特に子どもがいる人は、家庭を守らなきゃいけないって気持ちがあるのは分かるんですけど・・・お父さんお母さんや、身近な大人がつらい思いをしている姿を子どもが見て、果たして「大人になりたい」って思ってくれるのかなあと。子どもに罪悪感を抱かせてしまうこともあるかもしれません。
大人がしっかり楽しみながら仕事をして、「はやく大人になりたい」とか「自分もこんな人になりたい」とか・・・大人に憧れてくれる子が増えたほうが、素敵だと思うんですよね。

退職代行サービス比較イラスト。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行比較&おすすめはこちら

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

退職代行サービス比較イラスト。。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行サービスの会社を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較&おすすめはこちら

 

退職代行サービスを利用された方の体験談を2つほどピックアップしまして、当サイトとして、初めて退職代行を利用する方に分かりやすくまとめてみました。

退職代行を利用しよう、とお考えの方にお役に立てれば幸いです。

「明日から出社せず退職!」退職代行体験談-1

こちらを参考にさせていただきました。

退職代行依頼前は?

夜勤や開店のハードワークが続き、精神科へ行くほど、精神的にも肉体的にも限界だった方は、明後日の出社で上司の面談で退職の意思を伝えようと思っていました。

でも、明後日出社する事もできない・・・と「退職代行EXIT」にネットから無料の相談(お問合せ)を申し込みました。

退職代行を依頼した理由は?

夜の10時(22時)からラインでのやり取りで相談をしていたところ「明日振込の確認ができましたら最短で明日の9時から(退職の会社への連絡が)実施可能です」の返答があった、との事です。

こちらの体験談では、この迅速で丁寧な対応と期日を決めた明解な回答が依頼する決めてとなったようですね。

どんな流れで退職できたの?

振込の確認がとれたのですぐ、10時には会社に電話をいれてもらったようです。

「会社から電話が入っても無視してもらって良いです」と「退職代行EXIT」からラインで連絡がきて、実際そして18時頃会社の人事から電話が入りますが、打ち合わせ通りその電話を無視しました。

その旨「退職代行EXIT」へかかってきた電話番号も含めてラインで連絡します。

「退職代行EXIT」がすぐ会社(かかってきた電話番号の部署)に電話をいれて退職できることになりました。

社宅の引き払いなどは直接電話で話したい、という事でしたがそれも「退職代行EXIT」に丸投げしたそうです。

退職に関する書類は郵送で送られてきて、それを書いて提出するだけ。「・・・退職は了承し引き留める気も一切ない」という回答をもらえたそうです。

20時頃のラインで「明日から出社しなくて良いのですね?」という念押しの質問に「問題ごさいません」という「退職代行EXIT」の回答で、ほぼ1日で出社せずに退職できました。

退職代行体験談―1まとめ

退職代行EXITの強みである「スピーディーな対応」がよく分かる体験談ですね。「会社や会社の人と話したくない、会いたくない、退職したい」が一番の理由でしたら、実績のある退職代行会社に依頼するのが、一番スムーズにいくのかもしれません。違法や違法である事に気づいていない会社以外では、いくらひどい上司や同僚がいたとしても、会社全体としては、「辞めたい人を引き留める」事はとても手間がかかりますので、この体験談のような流れが一般的になるのでは?と当方は思っています。

退職代行比較ランキング400-1。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行比較&おすすめはこちら

「一度は認めたのに」退職代行体験談ー2

こちらを参考にさせていただきました。

退職代行依頼前は?

アパレル関係で正社員で1年と4カ月働いていた27歳女性の体験談。

人手不足が理由で2ヶ月前に退職について上司に相談したところ、上手いぐあいに説得されてしまい、あと半年は働くことになってしまったそうです。

2ヶ月間頑張ってきたものの心身の不調から退職の思いが再び強くなり、退職代行SARABAに依頼する事になりました。

退職代行はどんな流れになったの?

退職代行で連絡して、会社とは問題なく進んだそうです。

ところが、後にこの方へ「半年は働く約束をしたのにも関わらずいきなり辞められては困る」という書面が届いたそうです。

これに対して依頼者から詫び状を送付することで退職が認められ、特にトラブルなく退職ができたそうです。

引き止め!パターンも心配しないで

ここからは当方の個人的な意見です。

「半年働くのに同意した」ところで、同意した時点と状況が変わった(心身ともに体調が悪くなる、など)のでしたら、問題なし、会社を辞めればよい、と思います。

そんな書面をもらってもとても迷惑です。

詫び状は書く必要がない、のですが、そこは形式は円満退社、手続きの問題、と割り切ったのだ、と思います。

この方の方が、会社の上司という方よりもずっと大人の対応、社会全体の常識的にはずっと優秀だ、と当方は思っています。

人手が足りないのは、会社の経営者の問題で上司や社員に責任はないですよ。こんな当たり前の事を義務教育では教えない、のが大変残念です。何も「経営者、社長とは常に対決姿勢で!」と組合運動みたいな事を言っているのではないです。社員には社員の権利があって、その権利に目をつぶってまで、経営者や会社側の事情を優先する必要は全くないのですよ。辞める事は「無責任」ではなく会社側に「問題点を指摘して改めるチャンスやきっかけを与えている」だけ、ですよ。引き留めにあっても、退職代行使ってでも、自分に正直に行動した方が、後々自分で判断できる、楽しい人生を送る事が出来る、と当方は思っています。

退職代行体験談-2まとめ

会社を辞めたい、のでしたら、どんなことが事があっても、辞める権利があります(職を代える権利があります)。退職代行にお金を払って依頼する前に、しっかり相談してみて、その想いを確実にしましょう。そして退職代行に依頼することは、わずらわしい会社とのやりとりの時間なくして、もっと楽しい有意義な時間を得る為に、その対価としてお金を払う、という事だと思います。

退職代行料金ランキング比較512。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行比較&おすすめはこちら

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

退職代行の体験談イラスト400。退職代行,ジョブズ,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行サービスの会社を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較&おすすめはこちら

 

 

30代会社を辞めたい・・・ってネットで検索したら「辞める前に考えておきたい〇つのポイント」とかの記事ばっかりで、ちょっと残念に思います。

辞める前に考えておく余裕があったら、ネットで検索して情報を探さない、ですよね?

と、これは当方の感想です。

そんな余裕なんてない、退職代行使ってでも、お金使っても辞めたい30代の方へ、同じく余裕なんてなかった、会社を辞めまくった!30代を経験して思う事を書いています。

転職5回で45才で収入なしフリーを始めて、53才の今なんとか食えるようになった当方は、30代で3回会社辞めて転職しています(笑)。

退職代行料金ランキング比較512。会社辞めたい30代,ジョブス,退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

30代で仕事を辞めてきた理由は?

当方が30代の時に仕事を辞めてきた理由ですが、大体こんな感じです。

  • お金のために働いているだけ、毎日とてもつまらなかった
  • 出世欲は全然なくて、金欲もがむしゃらに!というほどでもなかった
  • 結婚して家族を持って・・・という夢もなかった
  • 転職先が3ヵ月見習いの営業、正社員になっても給料が安かった
  • 転職先にパワハラ上司がいて、頭にきていた
  • 漠然と起業したくて経営コンサルタント会社に行きたくなった

つまり、先の事など考える余裕も日頃にそんな習慣もありません。

「・・・自分のキャリアプランをよく考えて」とか言っている転職サイトのコラムなどは、転職サイトに登録して欲しいだけ、じゃないのかなぁ。

そんな事しっかり考える事ができる方は「余裕のある方」です。

30代会社辞めたい、仕事行きたくない・・・って悩む方に「余裕」なんてありません、と当方の経験でそう思っています。

転職サービスはこっちのペースで!

転職サイト、転職サービスはこちらの事情で、こちらのペースで使うものです。

最初は分からないので参考に読むのは良いですが、年齢や経験を重ねてくると「現実離れしている、現場を知らない」って思いが強くなってきますよ。

転職サービスのペースではなく、こちらのペースで上手く利用した方がよい、と思っています。

30代で会社辞めてきて良かった事

自分の信じる事に忠実に生きて行けるようになったのは、自分の気持ちに正直に、会社を辞めてきたからです。

30代だろうとなんだろうと嫌だから辞める、会社を辞めるのは個人の自由、固有の権利、だから会社を辞めてきた・・・

それだけです。

それだけですが、会社を辞めてきた事が、今振り返っても「自分で決断できる、自分に対する自信がついた」と思っています。

30代会社辞めてきて後悔する事

収入源がなくなったり、生活面や家族や恋人への説明(当時独身でしたからまだマシです)に苦労しました。

でも一番後悔する事は次の事なんですよ。

30代で会社を辞める時に、転職だけではなく、生活や家族も含めてもっと大きな視点に立って、何をしたいのか?40代、50代、60代でどうなりたいのか?をイマイチ明確になっていなかった事。

今は50代はこんな感じで生活して、60代はこんなオヤジになって、これを生きがいにして・・・という目標みたいなものがありますが、30代は曖昧でした。

これが30代で会社を辞め続けた時にもっと明確にしていたら、30代、40代はもっと楽しかっただろう、って思います。

やっぱり人間って何か好きな事に夢中になっていたり、目標に向かって取り組んでいる時が一番楽しいものなんだ、ってこの年齢になってつくづく思います。

30代で会社辞めても転職するな!

みんな独立開業目指して!とそういう事だけを言っている訳ではないのです。

フリーランス、って会社に縛られない生活ですが、客や得意先に縛られますから同じなんですね。

ただ自己責任なんで腹が立っても、まだ納得できるんです。

だから自己責任で納得ができる転職をした方が良い、という意味です。

キァリアがどうとか年齢がどうとか・・・二の次三の次なんですね。

30代なんて人生の折り返し手前、もう一度どんな楽しみ方で、ストレスなく生きて行くのかじっくり考えれば良いです。

40代、50代・・・とどんな暮らしでいるのか?家族にもぶっちゃけて全部話して相談したら良いです。

転職ありきの退職ではない、だから面倒なストレスを感じる時間はお金で買って、その時間はこれからの自分の人生を楽しく考える時間にする、それが退職代行です。

 

 

会社辞めたい30代400。会社辞めたい30代,ジョブス,退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行サービスの会社を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較&おすすめはこちら

 

 

新入社員会社を辞めたい、でも言えない、と悩ましい日々を過ごされている方へ。

転職5回で45才で収入なしフリーを始めて、53才の今なんとか食えるようになった当方の想うところ、「根性論」にならないよう、以下の流れで書いています。

「決めます」が目立って「決められないから困ってるんだよ・・・」と言われそうですね、すいません。

  • 新入社員である事は関係ない、20代、30代、40代、50代、60代・・・とどんな自分でいたいのか?決めます
  • 人生楽しむのに、いろいろな生き方があります
  • 自分のやりたい事、なりたい自分から逆に考えて「今」どうすべきか?決めます
  • 今すぐ会社を辞めるのか?しばらくしてからにするか?決めます

会社辞めたい、やりたい事は?

学校では「将来自分がどうなりたいのか?」「どんな仕事があるのか?」を教える為にほとんど時間を割きません。

「お父さんの仕事はこういうもので・・・」「世の中にはこんな仕事が合ってその為には・・・」と教えてくれる親、多くはいないでしょう?

だけど、勉強だけはしましょう、高校、できれば大学へは行くように言われます。

そして就職活動、数年前になりますと就職先が少ない、という事が少なくなりました。

それと反比例して「やりたくもないけど働くミスマッチング就職」は増えています。

そうです。

これでは新入社員で会社を辞めたい、という人が多くなるのは当たり前なんですね。

だって、何をしたい、がない「30代、40代・・・どうしたい」、がないからです。

「会社&働く」と「生活」の優先順位とは?

順番、優先順位はこうなんですよ。

1位:何を目的に生活していくのか=30代、40代・・・でどんな自分でいたいのか?
2位:目的の為に働く、稼ぐ、会社に行く

この「人生の優先順位」を教えない社会が悪い!という話をするのはひとまず置いておいて、これは50年生きてきてつくづく今思う事なんですよ。

だから、新入社員会社を辞める恐怖、何の根拠もない恐怖感が出てくるんですね。

会社を辞めるメリットデメリットって?

会社を辞めるメリット
  • 何をしてどんな自分になるのか?の「目的」の再設定、軌道修正をする時間を得る
  • 休む。平日の朝、起きなくて良い時間を得る
  • もっと楽しい「目的」のある生活をする為の計画を練る時間を得る
会社を辞めるデメリット
  • 一時の収入がなくなる
  • 又就職、転職活動をしなければならない
  • 家族に辞める説明をしなければならない
  • 会社に行って辞める、と言わなければならない

どうですか?

メリット、デメリット整理したら少なくとも「新入社員なのに会社を辞めたい」って思う事の根拠のない罪悪感や恐怖感がなくなってくれたら、幸いです。

会社を辞める、のは個人の当然の権利

新入社員であれ、ベテラン社員、幹部社員であれ会社を辞めるのは、個人に認められた当然の権利です。

この大事な事も、労働基準法もホントは小学校3年生ぐらいからは教えた方が良い、と思っています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)

つまり「○○の日まで採用」と言われて入社した新入社員(契約社員のようなもの)でない限り、辞める日の2週間前に「辞める」と言えば、自動的に辞める、というのがルールです。

ですので、新入社員だから会社を辞めたい、辞める・・・という罪悪感や恐怖感を持つ必要は全くないんですよ。

どういう「楽しい人生」があるの?

会社を辞めるメリットで「何をしてどんな自分になるのか?の「目的」の再設定、軌道修正をする時間を得る」と書きました。

でもこういう方が多い、と思います、当方もそうでした。

  • 何をしたいか分からないから、とりあえず就職して会社勤めを始めた
  • 30代、40代・・・でどうなりたいか?なんてとても考えられない
  • ニートになる、収入がなくなる、家族に迷惑をかえるから考える余裕がない

ですので、50年生きてきた当方が知っている「こんな風に生きてみて、まあまあ満足しいている」という生き方、友人知人の生き方を例としてを挙げておきます。

3人の子供の為に月から金は適当に働く

銀行勤務がハードワーク、上司との人間関係も理由で会社辞めて「資産管理」を代行する仕事で独立するも失敗、妻と2人子供を養う収入が途絶えて、心を病み、病院に行くようになった30代後半のA。

子供といる時、家族といる時を大事にする、それだけは40代、50代でやなりたいパパ像を決めて又金融関係の会社勤めを始めました。

金融なんで完全週休2日、だから平日にノルマやプレッシャーがあっても土日休を自分が決めたやりたい事をする、と決めてもう53才に、そういう生き方です。

釣りがしたいから海の近くに住み込みで働く

中卒で生活の為に働いてきたけど、仕事が続かず、消費者金融にも手を出して、最後の転職を考えていた30代後半のK。

40代で50代と好きな海釣り(チヌ釣り)が毎日できて、そのうち嫁さん見つけて家族和やかな生活ができればいい、って海の近くの住み込み(借り上げてくれる)会社へ転職しました。

朝は4時起き、5時から昼の2時くらいには終わる仕事、夕方はそのまま防波堤へ行く。

笑顔が増えたK、「自分の和む事は何」を見つけてそこから逆算して仕事を選んだんですね。

家賃安いし一人ものだし、借金も返して、後は嫁さん、しかしこれがなかなか・・・です。

新入社員で会社を辞める次のステップ

なりたい自分、やりたい人生が(「目的」)決まって、今の生活がその「手段」になっていないから、「苦痛」なのでしたら、新入社員なんて関係ない、会社、辞めましょう。

なりたい自分から逆算して「今」を決める

なりたい自分はありふれた事でも良いし、「こういう仕事これくらいの収入が欲しいから今はこういう仕事をする」でも良いです。

とにかく3年後、5年後、10年後、20年後に「どんな風に楽しみたいのか?」「どうなりたいのか?」を決めてそこから逆に考えて「今」を決めるんですね。

今辞めるか?後にするか?を決める

逆に考えて、今辞めるべき、ってなったら新入社員なんて関係ない、会社辞めたい気持ちに正直に今辞めましょう。

逆に考えて、「将来こうなりたいから、今はこの会社でこれくらいのことができるようになって、これくらい貯金して・・・」って方は、辞めるのは後にしましょう。

つまり、会社を続ける、辞める新入社員だから、とかは全く関係なくて「我が人生、将来どう楽しむ?」を決めて、そこから逆に考えて「今辞める方が良い」ので辞めればよいです。

さらに言いますと、「我が人生、将来どう楽しむ?」をゆっくり考える為に会社辞める、にしても良いと思います。

何故なら、そんな大事な事、優先順位が1位の事をやってこなかったのですから、ね。

 

会社辞めたい新入社員退職代行400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

会社に辞める、と言えないなら退職代行もあり

会社を辞める、と会社に言えないなら退職代行サービスを使うのも良いです。

家族には自分から言わないと行けませんが、会社になら代行でも良いです。

会社や退職など煩わしいことに時間を割くのが人生もったいない!「我が人生、将来どう楽しむ?」の時間を割くために、退職代行にお金払ってその「時間」を買うんです。

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼した方が良いでしょう。
  • カタチ上は普通の円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行サービスの会社、弁護士事務所を比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら

 

汐留パートナーズ法律事務所は弁護士事務所でいくつかの弁護士業務の中の一つとして退職代行業務も行っています。

退職代行を弁護士に依頼する場合とは?

汐留パートナーズは弁護士です。

弁護士に依頼した方が良い、と言いますより、必ず弁護士に依頼しなければならないケースがあります。

それは先ず直感的に分かりやすいように、下記のようにまとめました。

  1. 会社が明らかに違法である場合
  2. 退職に関して明らかに会社との見解と違ってくる可能性がある場合(損害賠償など)

これらの場合、明らかに予想される場合は最初から弁護士に依頼した方が良いです。

会社と見解が異なる時にこちらの考え方を代行して伝えてもらう、つまり「交渉」してもらう場合は弁護士しかできません。

弁護士以外がこの業務を行うと非弁行為、という法律違反になるんですね。

ですので、こういう場合は、法律事務所の中でも汐留パートナーズのような労務関係の弁護士業務の実績のあるところに依頼した方が良いでしょう。

料金は高くなりますし、どれぐらいかかるのか?分からない部がありますが、弁護士、に依頼しないといけません。

弁護士じゃない退職代行会社が全部アウト!?

弁護士ではない退職代行の会社は「退職する」旨の「連絡」を代行しているので、アウト!ではありませんし、多くの方が出社せずに退職しています。

「退職の気持ちを伝えて退職する」のは自体が個人の当然の権利で、常識的に「退職する」と表明してしまったので、るのに執拗以上に引き留めるメリットもありませので通常は「連絡」だけで事は済みます。

ですので、上記のような「通常ではなさそう」と不安な方は汐留パートナーズ法律事務所に依頼した方が良いです。

弁護士が顧問に存在する退職代行会社を選ぶ!

それでも弁護士が顧問として、法律違反にならないように社内の内部管理を手伝っている退職代行会社に相談しましょう。

又弁護士ではなくても、行政書士など町の法律専門家などが在籍する退職代行会社に方が安心感があります。

弁護士とそれ以外の退職代行の比較

弁護士退職代行会社
メリット
  • 退職時に会社とモメても対応できる
  • 退職願を書く事も未払い賃金残業代、有休消化交渉も代行してもらえる
  • 料金は「退職の連絡」を代行するので追加費用はない
  • 退職者目線での対応が期待できる
デメリット
  • 料金は高め、代行業務が増えるごとに料金がかかる
  • 法律の専門家としての相談回答が親身に感じられない場合もある
  • 退職の連絡で会社とモメた場合に対応できない場合がある
  • 退職願、未払い賃金残業代、有休消化交渉は代行できなし
先程書いた、弁護士に依頼した方が良いケースは、料金その他のデメリットがあっても必ず弁護士に依頼しましょう。

弁護士ではなく退職代行会社に依頼する方は?

「会社には不満もあるが、とにかく会社に出社しなくて退職したい!」
「未払い給与も有休消化も会社はたぶんNoとは言わないだろう」
「もし仮にNoといったら、悔しいけど、もういい、とにかく会社を辞めたい」・・・

逆に、上記のような方は、退職代行会社に相談してみましょう。

「会社が明らかに違法、常識がなさそう」「必ず会社とモメる」という事でなければ、普通に当たり前に退職できますし、ほとんどの場合有休も消化でき、未払い給与ももらえます。

当サイトでご紹介している退職代行会社に先ずは相談して、事情を話してみましょう(無料です)。

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼しましょう
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでしたら退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

退職代行イラスト760ではなく400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

汐留パートナーズ

退職代行を弁護士に依頼する方、料金の事よりもその方が安心!という方には、労働関連の法律事務代行で実績のある汐留パートナーズをご紹介しています。

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年7月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

汐留パートナーズ

汐留パートナーズ退職代行。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行におけるトラブルが予想される場合に、弁護士法人に依頼する方が良いです。

料金が高く、又着手金以外の成功報酬などいくらかかるか?分からないデメリットはあります。

それでも弁護士以外では対応できないケースもありますので、そういう事が予想されるのでしたら、退職代行業務も行う弁護士法人、汐留パートナーズがおすすめです。

成功実績

退職できなかったケースは1度もなし

サービス概要

弁護士法人の行う退職代行サービス

料金

着手金54,000円(税込)、オプション費:※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料、成功報酬:経済的利益の20%、その他郵送料などの実費

 

退職代行会社を比較したい方へ

汐留パートナーズだけではなく、弁護士事務所以外の退職代行比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら

 

 

とても優しい雰囲気で包まれた印象の公式サイトで、退職代行サービスを案内している退職代行ジョブズJobs)の評判口コミです。

退職代行ジョブズの公式サイトが良い!

「公式サイトが良い!」と言っても何が良いのかわかりませんね、すいません。

退職の関する悩み、仕事に関する悩み、これからの人生についての悩みetcが12個挙げられていて、その回答がどれも、とても素晴らしい!勇気がもらえます。

「会社を辞める事とは、新たな人生をスタートさせる事」をQ&A形式でとても分かりやすく丁寧に親切に答えて、伝えようとしています。

ひとりっきりで、部屋の中で悶々と悩み、嫌な想いで頭の中が一杯になっている方も多いはずです。

この信頼感は、他社にはないものでは?と当サイトでは高く評価しています。

退職代行ジョブズは弁護士が顧問に!?

退職代行ジョブズ「Jobs」の公式サイトで顧問弁護士(女性)が全面に出ています。

退職が言えない!会社にはもう行きたくない!女性の方には同じ女性で、という事で頼みやすいかもしれませんが、弁護士が代行の仕事をする訳ではありません。

退職代行業務は、会社との見解の食い違いがあった場合には会社と「交渉」をしなければなりませんが、これは弁護士にしかできません。

かといって、弁護士に依頼しますと、代行する業務内容ごとに料金がかかってますので、高くなります。

ですので、業務は弁護士資格を持たない担当者が電話で退職の「連絡」の代行をしますが、法律違反にならないような内部管理をする為に、弁護士が顧問でいる事は信用がおけますね。

退職代行ジョブズは、顧問弁護士の存在を明らかにしている点が、他の退職代行会社と違う大きな特徴です。

退職代行ジョブズは料金が安い

退職代行サービスの相場は正社員で3万から5万くらいですが、退職代行ジョブズは、3万弱と安い方の料金設定になっています。

その上「相談&電話回数無制限、追加費用なし」という点は評価が高いです。

退職代行ジョブズのマイナス点

退職代行ジョブズの良い点をピックアップしてきましたが、当サイト独自の基準でマイナス面、と考えるところを書いておきます。

退職代行実績は?

記事作成時点(2019年7月)で、退職代行実績の記載は見当たりません。

退職代行サービスを始めたのは最近なのでは?と思います。

その意味でも、「弁護士顧問の退職代行」として信頼をアピールしている、と思います。

価格面、返金保証?

当サイト的には「期間限定価格」「全額返金保証」は他退職代行会社社同様の部分で、残念に思うところです。

会社は辞める、と意思表示すれば2週間で自動的に辞めれます。

ですので、辞められないケースなどない、と考えられますので何故「返金保証」と表記するのか?という当サイトがこだわっている部分です。

しかし、これだけほとんどの退職代行会社が「全額返金保証」と書いていますので、「どこも一緒だからそんなに深く考えなくても・・・」という意見も納得はします。

いずれにせよ、退職代行ジョブズは、顧問弁護士の元で、会社に行かずに、確実に退職まで導いてくれる、という事に異論はありません。

退職代行ジョブス評判口コミ400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社、とはいえず、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されるので、おすすめです。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

 

退職代行ジョブズ

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年7月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

退職代行Jobs

退職代行jobs退職代行比較

実績の記載は見当たりません(退職代行サービスを始めたのは最近では?)が、顧問弁護士が全面に出ている退職代行会社です。

ですが、業務は弁護士資格を持たない退職の「連絡」の代行で、法律違反にならないような内部管理は信用がおけますね。

個人的には「期間限定価格」「全額返金保証」は他社同様残念、に思います。

成功実績

(特徴)顧問弁護士が公式サイトに明記

サービス概要

24時間対応、相談&電話回数無制限、クレジットカード支払い可能

料金

税込29,800円(期間限定価格)、全額返金保証、追加費用なし

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行ジョブズだけではなく、他の退職代行比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら

 

退職代行ニコイチは退職代行実績、そして料金の安さでも評価を得ている退職代行サービスの会社です。

退職代行ニコイチの創業は2004年

2004年の創業ですので、退職代行ニコイチを運営する(株)ニコイチは2019年の今年で15年目になります。

謝罪やクレーム電話などでの電話代行専門の会社として、スタートして今も同様のサービスをしていますが、当初から退職を会社に連絡する電話代行が多かったそうです。

退職させた方4575人(2019年2月)と公式サイトにありますが、この実績からの安心感は大きいですね。

退職代行ニコイチは料金も安い

退職代行サービスの料金相場は正社員の場合約3万から5万、と言われていますが、退職代行ニコイチはその3万円よリ少し下の料金で安く、又追加費用がかかりません。

未払い給料や休日、有休消化など会社との意見の相違が生じて会社と「交渉」する可能性がある場合や、それを望んでいれば弁護士に依頼しなければいけません。

そうではなく、会社に不満があっても取りあえず円満に退社する、という事であれば、追加業務ごとに費用がかかる弁護士ではなく、退職代行ニコイチに依頼した方が良さそうです。

退職代行ニコイチには心理カウンセラーが在籍!

退職代行サービスは各社共通で、最初の相談は無料です。

相談の時に頼れる!と思ったら料金を支払えば良い、です。

そんな中退職代行ニコイチには心理カウンセラーが在籍しており、メンタル面のサポートも充実しています。

退職代行ニコイチ残念な点は?

料金も安くて、長い実績!と評判の退職代行ニコイチですが、他社同様当サイト独自の判断での意見も書いておきます。

24時間対応ではない

営業時間は7:00から22:0で、24時間対応ではなく、どうしても今すぐ!が夜中ですとちょっと対応できない面があります。

それでも営業時間内で迅速に対応していただけるようなので、夜中でも今すぐ!の方以外は特に問題がないようです。

顧問弁護士の表記がない

メンバーに顧問弁護士がいる退職代行会社は、弁護士法違反など会社への退職の「連絡」業務が「交渉」になる法違反の内部管理が出来ているので安心です。

その部分は退職代行ニコイチの場合は明記されていません。

業界最安値、退職成功率100%で全額返金保証?

「安心のポッキリ価格!業界最安値税込28,000円」などど表記されているのですが、当サイトではこういう物販のような大袈裟な価格訴求(と判断しています)はマイナスポイントにしています。

法外な高価格を書かれるよりはずっと良いのですが、退職代行は、人の命やココロの話し、と思っていますので、他社より安い事は「売り」にはならないのでは?という当サイト独自の見解です。

又退職成功率100%なら「退職できなければ全額返金」は書く必要がありません。

何故なら退職できないことがないので、全額返金されることもない、からです。

料金が料金ですので、初めて利用さる方には安心、という意味で使っているのは分かりますが、退職代行サービスをリードしていく会社として、少し残念に思う、という当サイト独自の判断です。

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

退職代行比較イラスト400退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行ニコイチ

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年5月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ比較

実績と価格で選ぶならニコイチ、他退職代行紹介サイトでも上位常連の会社です。

営業時間が短いのが少しマイナスポイント。

又「退職させた方」「業界最安値」などの表現や、「全額返金保証」とかも個人的には正直気になるところではあります。

成功実績

退職させた方4575人、退職代行実績14年、退職成功率100%(2019年5月)

サービス概要

営業時間7:00から22:00、2か月間のアフターフォロー付き、クレジットカード支払い可能

料金

安心のポッキリ価格!業界最安値税込28,000円、全額返金保証、追加料金一切なし。

 

退職代行会社を比較したい方へ

退職代行ニコイチだけではなく、他の退職代行比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら

 

 

退職代行サラバSARABA)こんな会社とはもうおさらば!という意味です)の評判について、その強みと弱みについて、簡単にまとめています。

退職代行サラバは行政書士がメンバー

退職代行サラバSARABA)は行政書士がメンバーに在籍しているようです。

公式サイトでは特典として「行政書士が監修した退職届を無料プレゼント」とあります。

又、他口コミを見ていますと「退職代行業務をやっているのは行政書士の資格を持っている者」とか書かれているものもあります。

行政書士とは?

「町の法律の専門家」とも言われている行政書士は、役所へ提出する書類も作成、提出を専門に行うう事ができる資格です。

決して簡単な資格試験ではありませんが、弁護士、会計士、税理士などが難易度Aでその下の難易度Bのように資格学校では説明されていたりします。

行政書士と弁護士の違い

もし退職を進めて行く中で、会社の見解との相違が出てきた場合に会社と交渉できるのは弁護士だけで、行政書士にはできません。

又本人の代理人として退職願の作成を代行できるのも弁護士だけです、

これら弁護士しかできない業務を弁護士資格のない者が行うと「非弁行為」という弁護士法違反になります。

退職代行における行政書士のメリット

行政書士は法律の専門家であり、弁護士とのお付き合いも多いので、退職代行業務が法律違反にならないように、無事に退職を進めてくれる、という安心感がありますね。

退職代行サラバは、行政書士がいる、という点で評価されています。

退職代行サラバは正直なところが評価!

退職代行サラバSARABA)は弁護士に依頼した方が良いケースを明記しています。

行政書士がメンバーにいるので、この辺はとても安心できますし、自分達に不利な点でも、真実を正直にアナウンスしている点は評価されるべき、と思っています。

退職代行サラバは料金が安く明瞭!

退職代行サラバSARABA)は、代行する内容に細目と追加費用なしのその料金体系が明白に分かりやすく説明されてあります。

料金も3万円台と安く、弁護士のように追加費用がかからず、行政書士によって、法律違反にならないように退職を進めてもらえる、安心感がありますね。

「全額返金保証」は気になります

退職代行サラバSARABA)の公式サイトには「万が一、退職できなかった場合、全額返金保証とさせていただきますのでご安心ください。」と書いてあります。

イクジットの評判」の時にも書かせていただきましたが、「万が一、退職できなかった場合」があってはならない事なんです。

退職が初めての方には特に理解しておいて欲しいのですが、退職の意思を表明したら当然に辞める権利が誰でもある、という事です。

自分で会社に行って、又上司と話して・・・という辞める「連絡」を代行してもらって、その「連絡」の代行に対して料金を払う、という事なんですね

退職できないケースがもしあったとしたら、それは依頼を受ける(料金をもらう)前に分かる事なので、その代行の依頼自体を断らないといけません。

実際、サラバでは「本人が退職から長期休暇に切り替えたケース」1回のみ、退職してもらう事ができなかった、らしいです。

という事はほぼ100%退職してもらっています。

ですので「万が一、退職できなかった場合」の「全額返金保証」をワザワザ明記する意図が分からない、と当サイトの独自基準で、残念なところ、と判断しています。

 

退職代行サラバSARABA評判口コミ。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

 

退職代行サービスを利用するポイント

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでした退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

 

おすすめの退職代行サービス専門会社は?

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年7月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

退職代行SARABA

退職代行SARABA比較

こちらは価格的に安い事と一見不利な事も正直に書いている点が特徴です。

「SARABAより弁護士に相談した方が良い」ケースを正直に具体的に明記されている点は良いです。

ただ「全額返金保証」というのが、「安心」の意味なのでしょうが、逆に「売りこみ」っぽく見えて個人的には少し残念な感じがします。

成功実績

退職成功率ほぼ100%(本人が退職より休業を選んだケースがある)

サービス概要

24時間対応、相談&電話回数無制限、クレジットカード支払い可能

料金

税込29,800円、全額返金保証、追加費用なし

 

退職代行会社を比較したい方へ

サラバだけではなく、他の退職代行比較したい方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら

 

 

退職代行イクジットEXIT、出口、会社の出口、という意味でしょうか?)の評判について、その強みと弱みについて、簡単にまとめています。

退職代行イクジットには全額返金保証!がない

他の退職代行会社にはある「退職できなければ全額返金保証」というサービスがイクジットにはありません。

これは依頼する前にちょっと不安になりますが、ここは、よく考えて欲しいのです。

専門の代行に依頼して、万が一退職できなかったら、返金してもらって「仕方ないなぁ」で済みますか?済まないですよね。

逆に、専門の代行に依頼して、万が一退職できなくて、お金も請求されたら、そんな詐欺みたいな会社、とっくになくなっていますよね。

つまり、全額返金保証が発生するケース=退職できない、なんてあり得ない!イクジットEXIT)のメッセージなんですね。

当サイトにおいて、イクジットを特別に宣伝する目的は毛頭ありませんが、当サイトの独自基準である「売りこみ!ベースの文言やサービスがない方が信頼がある」に照らし合わせて評価しています。

「『退職できなければ全額返金保証』なんてあり得ない、何故なら退職できないことなどないから」

、とするその姿勢は退職代行専門業務経験が長いゆえに言える事だと思っています。

退職代行イクジットは料金が高い

悪い面も書いておかないと公平性に欠きますので、しっかり書いておきます。

退職代行の相場料金は3万から5万円くらい、といって良いですが、イクジットは正社員の場合この高い方、5万円の料金設定です。

ただし、退職代行会社が揃って3万円くらいに値下げして「業界最安値」など価格訴求を始めたのですが、イクジットだけそれに追随しなかった、という事です。

当サイトの独自基準では「強調した価格訴求をしない、そういう会社の方が逆に実績と経験があり信頼がおける」というものです。

ですので、正社員で5万円の予算が用意できなければイクジットEXIT)には依頼できませんが、予算がとれるのであれば、より実績があり、対応も丁寧で早く評価の高いイクジットがおすすめです。

退職代行イクジットが一番早く辞められる!?

イクジットが一番早く確実に会社を辞める事ができる!

イクジット口コミ評判でやはり多いのがこの「早く確実」、です。
それはどういうところが評価されているのでしょうか?

24時間対応である

イクジットは、ネットからの問い合わせ、ラインなど24時間体制で相談(無料)の受付をしているので、スタートが早い、だから早く辞める事ができる、という評価ですね。

メディア実績が多い

イクジットは、退職代行サービスを早く始めており、多くのメディアでも取り上げられたいます。そこで、大きな失敗があると、即アウト!になりますので、その確実さが伺えます。

退職代行専門で、失敗やトラブルも経験している

イクジットは、長年退職代行を専門でやてきていますので「あの時こういうやり方で進めたらもっとスムーズに辞める事ができたな」というノウハウが蓄積されています。

こればっかりは、長年続けている退職代行専門会社だけの強み、となりますね。

 

退職代行EXITイクジット評判400。退職代行,退職代行サービス,退職代行業者,料金,比較,ランキング,失敗,体験談,弁護士法違反,トラブル,評判,口コミ,exit,saraba,さらば,東京,大阪,横浜,名古屋,川崎,千葉,さいたま,福岡,札幌,仙台,神戸,広島,京都

退職代行サービスを利用するポイント

退職代行を使って会社を辞めたい、という方へ、退職代行とは?から始めて、利用のポイントや注意点、知っておいた方が良い事、退職代行会社を選ぶポイントetcを箇条書きでまとめてみました。

  • 退職代行会社を辞める事が言えない方、退職を認めてくれない方が利用する有料サービスです
  • 会社に出社せずに退職の流れを代わりに進めてもらって退職に導くサービスです
  • 退職に関わる時間を休んだり次の事を考える時間に充てる為の料金、とも考えて良いです
  • 会社を訴えるつもりでいる方や、有休消化を認めない、未払い給与残業代を払わないetcの違法っぽい会社が相手でしたら少し高くなりますが弁護士に依頼するしか方法がありません
  • 普通にカタチ上は円満退社を目指し、出社せずの退職を連絡してもらって、辞めたいのでしたらイクジットなど退職代行専門会社が約3万から5万、追加費用なしでおすすめです
  • 退職代行専門会社とは、長年退職代行業務をやっていて今もやっており、実績も多く、弁護士が顧問にいて会社内部で「非弁行為」など弁護士法違反にならないように管理している会社です
  • 価格の安さだけを特にアピールしている業者は退職代行専門会社ではなく、依頼してはいけません、NGです
  • 長年退職代行の実務をこなしている専門会社はトラブルも経験していますので、より多くのケースバイケースに対応できる、と予想されます。
退職代行専門会社にネットから問い合わせてみて、無料の相談で、分からない点、段取り、どこまで代行してくれるのか?etcを聞いてみて、誠実に対応してくれそう、頼りになりそう、と判断してから料金を支払えば良いですよ。

 

退職代行EXITイクジット

退職代行EXIT

退職代行イクジット

退職代行EXIT(イグジット)は2017年5月より他社と比較して一番多くのメディアに取り上げられており、その知名度と信頼度が一番の特徴です。

即日も含めて、退職までの期間も短くて、その対応も口コミ評価は高く、特に、一刻でも早く退職したい方には、先ず相談(無料)したら良いところとしておすすめです。

成功実績

累計2500人以上の退職代行、メディア掲載実績No,1(公式サイトより)、退職成功率100%なので返金保証サービスはなし

サービス概要

24時間、休日深夜でも可能な限り対応。退職が完了するまで、電話・メールにて回数無制限で対応。クレジットカード支払いも可能。

料金

正社員5万円、アルバイトパート3万円*退職完了まで追加費用はなし

イクジット詳細&相談はこちらから

とにかく「二度と出社せずに退職を連絡してくれて早く退職する事が一番の希望」であれば、退職経験者目線で対応してくれて、それでいて法律違反にならないように弁護士が顧問にいるイクジットが良いのでは?と思います。

他社と比較して料金は高めですが、以下のような事を訴求(宣伝)していないのが他社にないイクジットの大きな特徴です。

  • 「業界最安値、低価格料金」
  • 「弁護士がする退職代行」
  • 「退職できなければ全額返金(退職できない、なんてあり得ません)」

長年の「退職代行」実務経験と実績が感じられ、逆に信頼度があり評価しています。

「有休休暇の取得は離職票の送付などの依頼は会社に連絡しますが、必ずやってくれるという保証はありません」と公式サイトに明記している点も、逆に正直で好印象です(よっぽどの特別な事情がない限りほとんどの会社は対応してくれるようです)。

テレビ、雑誌とここまで有名になりますと、不誠実な対応の口コミがあれば即アウト!になりますので、今も利用者の口コミが絶えないところからして、信頼がおける、ということになるでしょう。

イクジットに退職代行の相談(無料)をする場合は、先ずお問合せフォームから行い、その後ラインや電話でしっかり、納得するまで相談してみましょう。

イクジット詳細&相談はこちらから

 

*料金やサービス内容につきましては記事作成時点(2019年6月)の公式サイトの情報を元に作成しています。当ページをご覧いただいた時点での詳細につきましては、お手数ですが「詳細はこちら」の先の公式サイトでご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

退職代行会社を比較したい方へ

イクジットだけではなく、他の退職代行比較したい方、5万円の予算は用意できない、という方は以下のページを参考にして、先ずはどこに無料相談をするか?お役に立てれば幸いです。

退職代行比較はこちら